ASTON MSRTIN DB6

2008-08-31 / author : lmpcars

ASTON MARTIN DB6は、アストンマーチン・ラゴンダ社が1965年10月から1970年11月まで製造されたDB5の後継モデルで総生産台数は1504台。1963年のル・マン24時間レースに参戦したDP214/DP215で効果が確認されたカムテールが採用され、実用的な4シーターとするためホイールベースをDB4およびDB5に比べ95mm延長された2585mmになっています。1969年7月には、後継モデルのDBSの部品を組み込んだ「DB6Mk2」に進化されました。エンジンは3995ccの水冷直列6気筒全軽合金製DOHCエンジンを搭載。標準型は3基のSUキャブレターから282bhpを、高性能版のヴァンテージ仕様はDB5の同仕様に比べ更に圧縮比をアップさせ3基のウェバーキャブレターから325bhpを発揮。ギアボックスはZF製5段が標準で、ボルグワーナー製自動変速機もオプション設定されています。ZF製パワーステアリング、エアコンディショナーもオプションで選択できたそうです。外観はDB5に比べフロントウインドシールドは僅かに寝かされ、延長されたホイールベースとカムテールが綺麗なボディラインを構成しています。この時代のASTON MARTINは独特のオーラがありますね。

-

Aston Martin DB6 is a model 1504 built in total to take over DB5, which has been built from Oct.1965 to Nov.1970 by Aston Martin Lagonda. Kammtail, proved effectiveness on DP214/DP215 at Le Mans 1963 was adopted, and the wheelbase has extended to 2585mm, 95mm longer than DB4 or DB5 to make practicable 4 seator. In Jul.1969, innovated “DB6Mk2” came out which were installed with parts of after coming DBS. Carrying all light alloy water cooled straight 6 cylinder DOHC 3995cc engine, producing 282bhp with 3 SU carburetor for standard. Compared to standard DB5, high performance Vantage version was performing 325bhp with high compressed 3 Weber carburetored powerunit. Standard gearbox was ZF built 5 speed, and Borg Warner automatic was also provided as an option. You were also able to choose ZF power steering and a/c. Slightly angled wind windshield, longer wheelbase and Kammtails are making beautiful bodyline. There are unique atmosphere in Aston Martin of those days.

ASTON MSRTIN DB6

Category : News
Tag : , ,