Pagani Zonda R

2009-02-06 / author : lmpcars

pagani-zonda_r_2009_1280x960_wallpaper_02

Pagani Zonda R のご紹介です。サーキットでの最速の座を得るために製作されたような基本構成はまさにLMP1クラスマシンそのものを公道用にディチューンされた独特なオーラを放っています。750psもの高出力を発揮するMercedes-Benz AMG6.0L V12エンジンはカーボンモノコックシャシーにボルトオンされステアリング裏のパドルシフトを操作してXtrac製マグネシウムギアボックスのシフトチェンジを行なうようです。最高速は315kmですがエアロダイナミクス技術により1500kgものダウンフォースを得られるよう設計されているそうです。ボルトにチタンを多用しダイエットされたドライウェイトは1070kgとレーシングカー並みに軽量です。コクピットも公道よりクローズドサーキットを意識した仕上がりでレーシングドライバーに必要な安全性の確保が考慮されています。このスーパーカーを所有するためには少なくとも150万ユーロが必要になりそうです!

-

Introducing Pagani Zonda R. Simply detuned LMP1 class machine for the streets, producing unique atmosphere with basic structure almost just designed to be fastest at racetracks. Big 750ps output from Mercedes-Benz AMG built 6.0L V12 bolted onto carbon monocoque chassis controlled with paddle shifter to change gears of Xtrac magnesium gearbox. Max speed reaching 315km/h, aerodynamically designed to generate 1500kgs of downforce. 1070kgs dry weight is light as a racing car, achieved by using many titanium bolts to take the weight off. Cockpit is also finished concerning closed circuit runs rather than street use, considered to keep safety for racing drivers. You’ll need to prepare at least 1500000 EUR to own this car!

pagani-zonda_r_2009_1280x960_wallpaper_04

pagani-zonda_r_2009_1280x960_wallpaper_0a

Category : News, Ohers
Tag :