McLaren F1

2010-06-18 / author : lmpcars

img_24621

McLaren F1 のご紹介です。Gordon Murray 設計の最高傑作ロードカーとしてあまりにも有名な『マクラーレンF1』ですが、このクルマほど運転手に仕事を要求してくるロードカーはないと思います。センターにコクピットがあるデザインは理に適っており、スポーツドライビングに集中すればするほどその美点に気が付きます。ノンパワーのステアリングはフロントタイヤのグリップ感を余すことなく伝え、ドライバーに指示を与えてくれます。ノントラクションコントロールで後輪のみの駆動でパワーをすべて受け止めることは不可能ですが、アクセルコントロールで姿勢変化を自由自在に操れる楽しさはまるでレーシングカーそのものです。ブレーキももちろんノンABSですが、前後バランスをドライバーの好みに合わせて調整した後は、路面の悪い峠道でも安心して強力なストッピングパワーを発揮することが可能です。そして驚くのはそのコンパクトなボディサイズ。このサイズでこの性能は天才デザイナーとMcLarenという強力な組み合わせでのみ成しえた結果だと思います。未だにプレミアムで価格が高騰し続けていることもうなずけますね。このクルマを所有することは名実共に世界最高峰のスポーツカーを手に入れることになりますね。

-

Introducing McLaren F1. So famous “F1”, a masterpiece designed by Gordon Murray, requires so much work to the driver, more than any other road car. As you concentrate more and more to the sport driving, you’ll notice that centered cockpit does make sense. Non powered steering informs front tire’s grip to the driver, non traction controlled rear wheel perhaps might not be able accept all power, but the characteristic is just like racing car that you can do all the work with throttle. Sure, no ABS, but after you set up to the correct brake balance, you’re able to stop so hard even in rough winding roads. What’s so surprising is that it’s compactness, only genius designer and McLaren would have achieve this performance with this size. Quite understandable that price is still rising. To own this car, means that you own the world’s highest peak of sport cars, both in name and reality.

img_2527-_edited-1

img_2542

img_2555

img_2411

Category : McLaren, News
Tag :