Porsche 911 GT3R

2011-09-19 / author : lmpcars

img_32431

Porsche 911 GT3R のご紹介です。PORSCHE MOTORSPORTからデリバリーされ新車で日本へ上陸したGT3Rは全日本GT選手権で活躍、その後空力向上のため随所に手を加えられています。一番目立つのはラジエターを移設しFボンネットからエアを抜くことでダウンフォースを増すことになり、ラジエター移設のためデザインに自由度が高まりフロントスポイラーはよりダウンフォースを生む形状になっています。これらの空力モデファイにより、リヤエンジンレイアウトのウィークポイントとなるフロントのアンダーステアが解消されています。車内は無駄な装備は一切省かれた簡素そのもので、スタック製メーターパネルが時代を感じさせますね。ほぼ世界中の耐久レースを制覇した名車GT3Rのすごさは高速コーナーで抜群の速さを実現したサスペンションジオメトリーと高剛性シャシー、パワフルで扱いやすい特性の水冷フラットシックスユニットと抜群の信頼性でした。つまり耐久性と信頼性の高さが高次元でバランスのとれたマシン特性はドライバーに絶大なる安心感を与え、ロングディスタンスレースでは疲労度にも大きく影響しました。このGT3Rはポルシェ社が考える理想の911の最先端を行く走る実験車両でもあり、そこから得られたデータは後期モデルへと生かされています。レースはレギュレーションで性能調整されていますが、このGT3Rはル・マンスペック仕様であれば高次元のパフォーマンスを発揮します。Hパターンのマニュアルトランスミッションを操る楽しさもこの時代ならではですね!

img_3231

img_3274

img_32891

img_3296

img_3304

img_3318

img_33451

img_3351

img_34071

img_33771

img_3394

img_3405

img_3423