Alfa Romeo 155 V6 Ti DTM

2013-01-26 / author : lmpcars

img_2902

Alfa Romeo 155 V6 Ti 1993年のDTMにアルファコルセからエントリーしてシリーズを圧勝したワークスDTMマシン。新設計のV6DOHCエンジンは2,498ccの排気量から420ps/11,500rpmを発揮、4WDで車重1,100kgの軽量なボディ(ドライカーボン製)を武器にシリーズを圧勝した名車である。クルマの造りは隅々まで妥協せず造り込んだスペシャルなレーシングカーで、レギュレーションの解釈を最大限活かした設計でライバルのメルセデスベンツ190E EVOにアドバンテージを保ってシリーズを制した。フロントセクションはパイプフレーム化されエンジンとギアボックスは可能な限り低い位置に搭載された。フロント・リヤともにワイドトレッドのオーバーフェンダーが装着されて迫力あるフロントバンパースポイラーは大きなダウンフォースを発生している。リヤは楕円形の特徴あるウィングが装着されているが、フロントとのバランスを考えるとアンダーステア傾向の特性だったようだ。トランク内には小さな容量の燃料タンクが搭載され、その横にはパワーステアリングユニットが装着されている。リアエンドマフラーは象徴的な上方排気出口を持つ。甲高い音色を持つV6ユニットは世界中のファンが陶酔した。こちらはアルファコルセからエントリーしたゼッケン7でアレクサンドロ・ナニーニがドライブしたマシンです。
LMP CARS CALL 03-5772-2788

1993y Alfa Romeo 155 V6 Ti
60° V6 2,498cc 420ps/11,500rpm
L 4576 / W 1750 / H 1410 1,100kg
Wheelbase 2,540mm

img_3014

img_3018

img_3090

img_3095

img_3128

img_31111

img_2869

img_2864

img_3001

Ferrari F40

2012-12-05 / author : lmpcars

img_1696

Ferrari F40 ENZO Ferrariの遺作と言えるスペチアーレであるF40は、60年代の頃のように公道も走れる世界最高の性能を持つスポーツカーを1986年当時の最高技術を用いて開発され、市販されたままコンペティションフィールドで活躍できるロードゴーイングマシンとして、創業40周年記念モデルのネーミングでリリースされました。生産台数は1311台とスペチアーレとして過去最大生産数を誇る大人気モデルで、美しいデザインのボディは前後スポイラーがダウンフォースを発生させることで優れたスタビリティーを実現している。生産の初期モデルはウィンドゥとドアなどよりライトウェイトな仕様でデリバリーされた。今回ご紹介するこのクルマは初期モデルで、ノンキャタライザーにポリカーウィンドゥが装着されている。オリジナルの性能をさらに引き上げるため、リヤウィングはF40 LMのものに、ホイールはワンオフ鍛造18inchホイールに交換されている。エンジンはオリジナルだがフルオーバーホールされたことでメーカー公表値の478bhp/7000rpmを発揮するパワーユニットからもたらされるパワーは、ラジアルタイヤを3速までホイールスピンさせてしまうほど強烈な加速力を持っています。本気でアクセルを踏むためにはスリックタイヤとサーキットというフィールドが必要でしょう。最新モデルと比較した場合一番違いを感じるのは車重でドライウェイト1,100kgという見た目からは想像できない軽快さは、加速、減速、コーナーリングのすべてにおいて抜群の運動性能を発揮し、ある程度のレーシングスキルを持っていれば相当なペースで走らせることが可能です。重いと評判のクラッチも決して扱いづらいものではなく、慣れてしまえば街中での操作も苦にはなりません。とにかく走らせてこれほど楽しいスポーツカーは本当に数少ないと思います。世界中のエンスーアジストたちが魅了されることも頷けますね。
LMP CARS CALL 03-5772-2788

1989y Ferrari F40
Body design Pininfarina
90º V8 2,936cc 487ps/7,000rpm
L 4358 / W 1970 / H 1124 1,100kg
Wheelbase 2450mm

img_1703

img_1705

img_17731

img_1833

img_1859

Alfa Romeo 8c Competizione

2008-10-23 / author : lmpcars

Alfa Romeo 8c Competizione

Alfa Romeo 8c Competizione のご紹介です。世界生産台数500台のレアなスポーツカーで、日本導入数は70台と少なく200件ほどの受注があったそうです!そしてこの度エクステリアカラーがブラックの 8C Competizioneが入荷することになりました。すでにディーラー車は完売となっていますのでご希望されていた方にはチャンスだと思います。ボディはカーボンを多用し車重は1575kgと軽量です。V8 4.7Lエンジンは最高出力が450ps/7000rpm、最大トルク470N・m/4750rpmを発揮。トランスアクスルレイアウトが採用されたことにより重量配分比は前49:後51を実現しています。6速シーケンシャルギアボックスをパドルシフトで操り最高速度は290km/h0-100km加速は4.2秒と俊足です。ご興味のある方はお早めにお問い合わせください。LMP CARS CALL 03-5772-2788 担当:山岸までお気軽にご連絡ください。

-

Introducing Alfa Romeo 8c Competizione. This is a rare sport car which will be built only 500 globally, and there were 200 orders against 70 cars to be delivered to Japan! This time black exterior colored 8c is arriving in. Dealer car is sold out already, so this is a chance for you who wanted this. So many carbons used to the body resulting light 1575kg bodyweight, with V8 4.7L engine giving 450ps at 7000rpm, and max torque of 470N-m at 4750rpm. Realizing weight balance of front 49 : rear 51 by taking transaxle layout. Quick runner with a paddle shifter operated 6 speed sequential gearbox, maximum speed reaching 290km/h and 4.2sec for 0-100km/h acceleration. Please ask us soon if you’re interested.

Alfa Romeo 8c Competizione

Category : Alfa Romeo
Tag :