Porsche 962C last production

2016-07-07 / author : lmpcars

962c-1

Porsche 962C グループCカー時代の王者である962Cのlast production(画像と現車は異なります)ノンレストアでパーフェクトコンディションを保っている奇跡のような個体をご案内させていただきます。名門チームの複数台所有されフルオリジナルコンディションで完璧な保管状態とメンテナンスにより素晴らしいコンディションを保たれています。この個体との巡り会いはまさに偶然でしたがプロフェッショナルレーシングチームオーナーが維持管理をしていることは素性を考えれば当然と言えます。かつて1980年代のWEC世界耐久選手権を制覇し伝説のリザルトを残した962Cは、いまも輝きとオーラは現役当時と変わらぬ魅力があると思います。今週末に開催されるル・マンクラシックでもグループCカーによるレースが行われますが47台出走車両の中で962Cは12台エントリーされています。現在でも相当なポテンシャルで走行可能なフループCカーの中でも962Cは所有する方の満足度がとても高いコレクションの一台だと思います。LMP CARS CALL 03-5772-2788

962c-3

le-mans-classic-4

le-mans-classic-51

Porsche 962C

2016-07-05 / author : lmpcars

img_8222

Porsche 962C プライベートオーナー所有の962Cでレストアが完了しています。値段が合えば売却しても良いとのことでした。エンジンはすぐに始動できる状態にメンテナンスされています。サーキットを走行するためには各部メンテナンスを行いタイヤ交換すれば問題なく走行することが可能です。広告に掲載されていないプライベートコレクションが多数あります。特殊なレーシングカーなどお探しの方はお気軽にお問い合わせください。LMP CARS CALL 03-5772-2788

img_8162

img_8183

KOENIG C62

2015-10-21 / author : lmpcars

img_0127

KOENIG SPECIALS の最高峰モデルとも言える ” C62 ” のご紹介です。
このC62はPorshce 962Cをベースに製作されたスペシャルメイドスーパーカーです。スタイリングは若干手を入れられましたがコクピットやシャシーなどはPorsche 962Cそのもの。エンジンは公道用にディーチューンセッティングされてもなお800ps/6300rpmを発揮、0-100km加速 3.3秒、最高速は378km/hに達するモンスターです。インテリアはバックスキン地だったシートは本革にグレードアップされ、コクピットのメーターパネルも視認性の良いオリジナルのメーター類が装着されました。驚くのはPorscheらしく911のストリートカーをドライブしているかのようなドライバビリティーの高さで、サイズさえ慣れてしまえば普通に街中を走らせることが容易だということです。高められたライドハイトと扱いやすいクラッチがプロドライバーの仕事場からロードゴーイングマシンのコクピットへと変身しています。とは言っても、アクセルを全開にするためにはサーキットへ持ち込む必要があります。ロードカーとしては異常に低い全高は、高速走行の安定性も素晴らしく高い次元を実現しています。ハンドリングはそれなりに腕力を要求されますが、弱アンダーステアの安全なセットアップの恩恵でそれなりのスキルがあるドライバーであればどなたでも乗りこなすことができると思います。街中での目立ち度は最新型のどのスーパーカーよりも圧倒的な存在感とまるでレーシングカーが走っている姿は鮮烈に印象に残るでしょう。ただいま青山ショールームにて展示中です。LMP CARS CALL 03-5772-2788

img_0072

img_0023

img_00191

img_0103