Alfa Romeo Junior Zagato

2016-07-01 / author : lmpcars

img_7958

Alfa Romeo Junior Zagato イタリアの名門カロッツェリアである “Zagato” により生み出された個性あふれるコンパクトスポーツカー。そのサイズは全長3900mmで全幅1550mmでライトウェイトスポーツらしい身のこなしを実現しています。クラシックAlfa Romeoの中で比較的日常使いもできるためモータースポーツの香りはありませんが、コンパクトにもかかわらず主張するデザインと個性的なコクピットは他の誰とも比較されることのないJunior Zagatoの世界がそこにあります。デザイナーの意志通りに生産されたと思われるボディーラインや開口部の処理、コクピットのスイッチまでとてもコストがかかっているスペシャルな一台のJunior Zagatoをぜひ一度ショールームでご覧になってください。昨年オープンした本国のミュージアムにも堂々と展示されています!LMP CARS CALL 03-5772-2788

11235069_10204999999934856_5582054562067125532_o

11222431_868318726550496_1688569820214530710_o

l1010184m

l1010192m

Alfa Romeo 155 V6 Ti DTM

2013-01-26 / author : lmpcars

img_2902

Alfa Romeo 155 V6 Ti 1993年のDTMにアルファコルセからエントリーしてシリーズを圧勝したワークスDTMマシン。新設計のV6DOHCエンジンは2,498ccの排気量から420ps/11,500rpmを発揮、4WDで車重1,100kgの軽量なボディ(ドライカーボン製)を武器にシリーズを圧勝した名車である。クルマの造りは隅々まで妥協せず造り込んだスペシャルなレーシングカーで、レギュレーションの解釈を最大限活かした設計でライバルのメルセデスベンツ190E EVOにアドバンテージを保ってシリーズを制した。フロントセクションはパイプフレーム化されエンジンとギアボックスは可能な限り低い位置に搭載された。フロント・リヤともにワイドトレッドのオーバーフェンダーが装着されて迫力あるフロントバンパースポイラーは大きなダウンフォースを発生している。リヤは楕円形の特徴あるウィングが装着されているが、フロントとのバランスを考えるとアンダーステア傾向の特性だったようだ。トランク内には小さな容量の燃料タンクが搭載され、その横にはパワーステアリングユニットが装着されている。リアエンドマフラーは象徴的な上方排気出口を持つ。甲高い音色を持つV6ユニットは世界中のファンが陶酔した。こちらはアルファコルセからエントリーしたゼッケン7でアレクサンドロ・ナニーニがドライブしたマシンです。
LMP CARS CALL 03-5772-2788

1993y Alfa Romeo 155 V6 Ti
60° V6 2,498cc 420ps/11,500rpm
L 4576 / W 1750 / H 1410 1,100kg
Wheelbase 2,540mm

img_3014

img_3018

img_3090

img_3095

img_3128

img_31111

img_2869

img_2864

img_3001

Alfa Romeo B.A.T. 11 Bertone Coupe

2008-08-07 / author : lmpcars

Alfa Romeo B.A.T. 11 Bertone Coupe
Alfa Romeo B.A.T. 11 Bertone Coupe
Body design Valery Muller for Bertone
For the basis of the new B.A.T. 11, Bertone and Kaberle not surprisingly chose Alfa Romeo’s new 8C Competizione chassis.

Alfa Romeo B.A.T. 11 Bertone Coupe  Alfa Romeo B.A.T. 11 Bertone Coupe  Alfa Romeo B.A.T. 11 Bertone Coupe

Alfa Romeo B.A.T. 11 Bertone Coupe
(Photographs by Ultimatecapage.com)

Category : News
Tag : ,