Ferrari 458 challenge SP

2017-02-22 / author : lmpcars

img_16751

Ferrari 458 challenge のご紹介です。コンディションの良い1オーナーカーでレースでは常にトップ争いを繰り広げてきました。ロードカーと同じ機構のF1シフトを採用した458 challengeは扱いやすい上に速くとても完成されたレーシングカーです。エンジンはロードカーと同じ直噴V8DOHCで4497ccの排気量から最高出力570 hp/9,000rpmを発揮します。新開発のトラクションコントロール、ABS、E-Diff電子制御デファレンシャル、デュアルクラッチF1ギアボックスを搭載し、徹底的な軽量化を行っています。跳ね馬はやはりサーキットが似合いましすが、ロードカーでは限界が低くクルマのポテンシャルをフルに発揮することは難しいため、この458 challngeはまさに最高の一台だと思います。新しい488もとても速いクルマですが、いつでも300kmを出せるという性能を持ちながら実際は1度も試す機会さえないのが実情だと思います。もちろん街中からツーリングまで活躍するのがロードカーですが、本来の性能を一度も引き出すことなく乗り換えるという方がほとんどではないでしょうか。それならいっそのこと跳ね馬はサーキット専用車にしてしまえば思いっきりクルマの持つポテンシャルをフルに発揮して堪能できます。いまロードカーはハイブリッドから電気へと移行の過程ですが、いずれスーパースポーツカーもその道をたどるでしょうから、それならスポーツするクルマはサーキットでしか乗らないという割り切りが実は一番賢い楽しみ方になると思います。Ferrariはサーキットで楽しむ、そんな時代がもうすぐ目の前まで来ていると感じています。詳細につきまして、ご興味がある方はお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。
LMP CARS CALL 03-5772-2788 E-mail info@lmpcars.com

img_16941

img_17421

img_17931

販売車両のWEB掲載についてのお知らせです♪

2017-02-13 / author : lmpcars

img_92601

いつもLMP CARS AOYAMAをご愛顧いただき感謝申し上げます。

販売車両のWEB掲載についてお知らせさせていただきます。
数年前から販売車両のWEB掲載を控えさせていただいております。
どの国のどなたでも閲覧できるようになったことで、情報が錯乱し
お客様へ伝わってしまうことが多々ございました。
そのためWEB上で販売車両の掲載を控えさせていただいております。

誠に勝手ではございますが、お探しになられていらっしゃるお車の内容を、
お気軽にお問い合わせご相談いただければ幸いです。
良いお車ほど話題となり情報が錯乱する傾向にございます。
希少でなおかつ人気車両の場合はご予約いただきましたお客様から
順番に販売車両の情報をお伝えさせていただいております。
また、ご成約後のWEB掲載もお控えさせていただいております。

今後も価値の高い良いお車を、適正なお値段で、
そのお車にふさわしいお客様のもとへご案内させていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、お客様のご要望をお伝えいただければと思います。
今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。 LMP CARS AOYAMA

LMP CARS CALL 03-5772-2788 E-mail: info@lmpcars.com

img_9255

Category : Ferrari, News
Tag : , , ,

Ferrari 360 challenge stradale

2014-04-18 / author : lmpcars

img_2438

Ferrair 360 challenge stradareのご紹介です。2003年のジュネーブショーでワールドプレミアされた”360 challnge stradale”はスタンダードの360modenaから110kgものダイエットされたボディはチタンとカーボンファイバーとアルミで構成されています。その結果フィオラノで3秒もラップタイムを短縮されました。これは進化した専用のエアロダイナミクスを採用されたフロント、リヤディフューザーが大きなダウンフォースを発生していること、スペリアーレの”ENZO”と同じカーボン製ブレーキが装着されストッピングパワーとバネ下重量の低減によることが大きいでしょう。6速セミオートマチックトランスミッションはエンジンマネージメントシステムと連動し、コクピットで任意に仕様選択が可能で、レースモードにした場合シフトタイミングがよりスポーツ走行に適した速さになります。低められた車高はチタン製スプリングを採用された電子制御ダンパーと組み合わされ、トラクションコントロールと連動して最適なロードホールディング性能を発揮する。インテリアはまるでレーシングカーのごとく豪華なカーペットは剥がされ、カーボンシェルを持つバケットシートは4点式フルハーネスとロールゲージが標準装備される。唯一の快適装備としてオートエアコンは残されているが、ここまで走りに割り切った仕様には驚かされました。そして専用に開発されたエンジンとエグゾーストシステムは切替バルブによりソプラノサウンドを奏で、ドライバーはまるでF1マシンを操っている錯覚を起こさせるマジックが、最大の魅力かもしれません。只今、青山ショールームにて展示中です。LMP CARS CALL 03-5772-2788

img_2468

img_2469

img_2472

img_2479

img_2511

img_2492

img_25201