Dino 246 GT tipo-L

2013-09-16 / author : lmpcars

img_8878

Dino 246 GT tipo-L 最近は大人気で市場にもなかなか出て来なくなったDino 246 GTですが、こちらは珍しいtipo-Lで、今回はボディーのオールペイントとインテリアのリペア、機関関係のリフレッシュを行いました。オリジナル度の高い個体で、次の作業は” Ferrari classchie “の取得を進めていきます。美しいボディーラインはDinoならでは。走りも官能的なエグゾーストサウンドと軽快なハンドリングでライトウェイトスポーツの気持ち良さを堪能することができます。これからツーリングには最適な季節が到来しますので、走る姿を見かける機会が増えるかもしれませんね♪ レストアなどご相談は担当:山岸までお気軽にお問い合わせください。 LMP CARS CALL 03-5772-2788

img_8898

img_89181

img_8923

img_89291

img_8951

Dino 246 GT

2012-12-17 / author : lmpcars

img_1284

Dino 246 GT tipo-L クラッシックフェラーリのエントリーモデルとして最高峰に位置するDino 246 GT、その中でも希少なtipo-LはDino 206 GTから246GTへ移行したばかりのモデルで、両ドアパネル、ボンネットフード、エンジンフード、トランクフードが206GT同様アルミ製で、センターロックホイール機構もそのまま継承する。このセンターロック機構が何ともいえないクラシカルな雰囲気を醸し出していて、美しいボディラインを引き立てている。V6DOHCユニットは2418ccの排気量から195ps/7600rpmを発揮。1,080kgしかない軽量なボディは良好なハンドリングを実現している。ウェバー製キャブレターはダイレクトなスロットルレスポンスで、コーナーリングの姿勢を右足でコントロールできる操舵感は人馬一体感が高く走れば走るほど惚れ込んでしまう。現代のスポーツカーでは絶対に味わうことはできないこのドライビングフィーリングは、Dinoならではのもの。低いシートポジションから見える視界には、豊かな膨らみをもったフロントフェンダーがこの美しいスポーツカーを操っているのだと認識させてくれる。サイドミラーにはふくよかなリヤフェンダーとエアインダクトの美しいボディラインも視界に入り、普通に街中を走らせているだけでも高揚感で夢中にさせてくれるスポーツカーは少ない。トップエンドまで軽々と回るV6ユニットは心地よいエグゾーストサウンドで、フェラーリに乗っている幸福感を味わえるチャンスを見逃す手はないでしょう。
LMP CARS CALL 03-5772-2788

img_12141

Category : Classic, Ferrari, News
Tag : , , ,