1963 Abarth Monomille

The Abarth Monomille was an innovative firm with a sporting pedigree second to none, Abarth branched out from producing induction and exhaust systems into selling performance kits for production cars, later building a succession of aerodynamically-stylish sports prototypes and limited-series production cars. Although his competition cars had been immensely successful, what Carlo Abarth lacked was a practical road-going GT car suitable for daily use. The model that filled this gap in the range was the Monomille (single cam, 1,000cc), introduced in 1961. This new pocket-sized Gran Turismo would be offered in two versions: the Monomille Scorpione (1961-1963) bodied by Beccaris, and the ‘duck tail’ Monomille GT (1963-1965) with bodies by Sibona & Basano. Based on the FIAT 600D platform these coupés were capable of a top speed of 170-180km/h (105-112mph) depending on gearing, despite having only 60bhp on tap. Three types of Monomille GT were offered: two street versions with bumpers – one with exposed headlights, the other with headlights under Plexiglas cowls; and a lightened competition version with cowled headlights and no bumpers. Hand built and necessarily expensive, the Monomille cost some 30% more than the contemporary Porsche 356 and sold in limited numbers. Expert opinion differs with regard to the number produced; some sources stating that as many as 100 were made, others as few as 25. Today these exclusive and exquisite little sports cars are highly sought after by Abarth collectors. Chassis #0367 was built and delivered to the first owner in 1963. It’s the version built by Beccaris one of the last made before deleting the contract with this Company and starting the new collaboration with Sibona & Basano. The car was sold to the Italian importer of Honda and later (1971) sold to Mr. Gian Pio Ottone called “Doctor Cross” because he was an European champion of Motocross of ’60s. He drove the car for his personal use in Italy when he was a cross racer. Later the car passed to series of Abarth enthusiast. In 2010 it was purchased by one of the most famous Italian cars collector and he kept it until 2019 when it was restored by the new owner.

アバルトモノミッレは、他に類を見ないスポーツの血統を持つ革新的なスポーツカーでした。 アバルトは、吸気および排気システムの製造から生産車用のパフォーマンスキットの販売に成功し、 その後、空力的にスタイリッシュなスポーツプロトタイプと限定シリーズの生産車を次々と製造しました。 彼のコンペティションカーは大成功を収めましたが、カルロアバルトに欠けていたのは、日常の使用に適した 実用的なロードゴーイングGTカーでした。この範囲のギャップを埋めたモデルは、1961年に発売されたモノミッレ(シングルカム、1,000cc)でした。 この新しいポケットサイズのグランツーリスモは、2つのバージョンで提供されます。 そして、シボナ&バサノによるボディを備えた「ダックテール」モノミルGT(1963-1965)。 FIAT 600Dプラットフォームに基づいて、これらのクーペは60bhpしかないにもかかわらず、 ギアに応じて170-180km / h(105-112mph)の最高速度が可能でした。 全部で3種類のモノミッレGTがリリースされました。 1つは露出したヘッドライト付き、もう1つはプレキシグラスカウルの下にヘッドライト付きのバンパーを持つ2つのストリートバージョンです。 カウルヘッドライトとバンパーなしの軽量化された競技バージョンも製造されました。 手作りのため必然的に高価なモノミッレは、当時のポルシェ356よりも約30%ほど高額で数量限定で販売されています。 専門家の意見は、生産された数に関して異なります。 100台も製造されたものもあれば、25台製造されたものもあります。 今日、これらの高級で絶妙な小さなスポーツカーは、アバルトのコレクターから非常に人気があります。 シャーシ#0367は、1963年に製造され、最初の所有者に納品されました。 これは、Sibona&Basanoとの新しいコラボレーションを開始する前に、最後に作成されたものの1つであるBeccarisによって作成されたバージョンです。 この車はイタリアのホンダの輸入業者に販売され、その後、60年代のモトクロスのヨーロッパ選手権であった「ドクタークロス」と呼ばれるジャンピオオットーネ氏に販売されました。モノミルを所有していたホンダ輸入業者、彼の名前はルイージセゲールで、彼はホンダのためにレース用の特別なフレームを作りました。 彼は何年も前に亡くなりましたが、オートバイの世界では彼はよく知られています。そしてフィレンツェから日本へ2021年4月に輸入されました。

PRICE : POA

この車両について問い合わせる

見積もり依頼

お名前、ご連絡先を入力ください。
ここに記載されている情報は、お見積もりの回答にのみ使用されます。