2012 Lotus Elise R Special

全長 × 全幅 × 全高:3800mm × 1720mm × 1130mm

ホイールベース :2300mm

車両体重:930kg

駆動方式:MR

トランスミッション:6段MT (WPC加工、ファイナルギア5.1、イケヤ製LSD組込、BSK製シフトフォーク)

パワーユニット:Special made Monkey製2LDOHC、RacingサクションHKS、モロソ製オイルパン、DI Racing CPU

サスペンション:ペンスキーレーシング製2Wayダンパーユニット、Spec-Cスプリング F9.8kg R11.6kg

エグゾースト:ワンオフチタン製マフラー

ホイール + タイヤ:TWS製オリジナルアルミ鍛造軽量ホイール F 8J × 17 R 9.5J × 18 ADVAN NEOVA AD08

ブレーキ:Front APレーシング製4PodキャリパーPFC製3Dフローティングディスクローター、フェロード製ブレーキパッド、ステンメッシュホース

エクステリア:REVERIE製ドライカーボン製リヤディフューザー&アッパーグリル、ドライカーボン製ドアミラー&アルミミラーステー

インテリア:ドライカーボン製ステアリング、レーシングバケットシート、ライトウェイトポリカーネイドスクリーン&電動サイドウィンドゥ

足回り:強化クロスメンバー&トゥロット、ネガティブキャンバーロールセンター補修ナックルアーム、ホイールスペーサー、

リヤキャリパー移設ブラケット、ワンオフドライカーボン製エンジンフード、ドライカーボン製ルーフバック&ルーフバックパネル、

ドライカーボン製リヤフロアカバー、COX製ボディーダンパー、FIAMホーン、リバリー製カーボンシフトノブ、追加デジタルメーター、

強化ハブボルトナット、リチウム軽量バッテリー、エディフィスオリジナルアルミ製燃料タンク、左右ノンエアバック、

アルミ製ステアリングクイックリリース

このロータスエリーゼは、マクラーレンF1をはじめラ・フェラーリアペルタ、マクラーレンP1、カレラGTなど、多くのスーパースポーツカーを所有し、 さらにフェラーリのフォーミュラ1やFXX-Kでサーキット走行を楽しんでいるオーナーがワインディングロード専用に仕立て上げたスペシャルなロータス エリーゼだ。手を入れられる所はほぼ性能向上のためにモデファイされている。エクステリアはオリジナルを保ちながらオリジナルデザインの軽量鍛造アルミホイールに交換し、ドライカーボンの大型ディフューザー・アッパーグリル・エンジンフード・スポーツミラー、そしてポリカーネイドウィンドゥと、 ライトウェイトのエリーゼはさらに軽量化された。インテリアはドライバーシートがワンオフのドライカーボン製バケットシートとステアリングに変更 され、マシンコンディションを確認するためのデジタルメーターが追加された。シャシーは調整式ペンスキー製ダンパーユニットを採用、低められたライドハイトに合わせサスペンションジオメトリーも変更され、理想的なホイールアライメントを実現している。 そしてオリジナルエンジンは下ろされ、スペシャリストのハンドメイドによって新規作製されたフルチューニングユニットがワンオフのチタン製エグゾーストシステムと合わせ搭載されている。このスペシャルエンジンは低速からレブリミットまでトルクの谷がなく力強い俊敏な加速を実現していて、初代BMW M3のレーシングユニットに近いフィーリングだった。刺激的なエグゾーストサウンドとアクセルレスポンスに優れるエンジン特性は、このスペシャルな ライトウェイトマシンを操ることに至福のドライビングプレジャーを与えてくれる。ハンドリング特性は、高剛性シャシーとしなやかなロードホールディング力を発揮するサスペンションと理想的なジオメトリーによって、まるでフォーミュラカーのように繊細なステアリング応答性の高さと、ツーリングカー らしい粘り強いグリップ感をあわせ持っていた。ようは、とんでもない速さでコーナーを攻略することが可能で、アンダーステアやオーバーステアは無茶しない限り顔を出すことはなかった。そしてレーシングカーのように剛性感あるペダルタッチのブレーキは、APロッキード製4PodブレーキキャリパーとPFC製ブレーキパッド&フローティングディスクが採用されていた。ロータスエリーゼというスポーツカーをメーカーが設計した際に、コスト等の問題で市販化されるときに妥協し性能ダウンしてしまった箇所を、設計者の意図通りに修正して、さらにブラッシュアップする手法で完成したこのスペシャルなエリーゼは、素晴らしいスポーツカーコレクションを新車時から現在まですべて所有し走らせている、いわば高次元でスポーツカーの美点を理解しているオーナーでなければ、ここまで高次元に仕立て上げることはできなかっただろう。時間が許すなら一日中ワインディングロードを走っていたいと思わせられた、超極上なスペシャルエリーゼだった。

このロータスエリーゼは、マクラーレンF1をはじめラ・フェラーリアペルタ、マクラーレンP1、カレラGTなど、多くのスーパースポーツカーを所有し、さらにフェラーリのフォーミュラ1やFXX-Kでサーキット走行を楽しんでいるオーナーがワインディングロード専用に仕立て上げたスペシャルなロータスエリーゼだ。手を入れられる所はほぼ性能向上のためにモデファイされている。エクステリアはオリジナルを保ちながらオリジナルデザインの軽量鍛造アルミホイールに交換し、ドライカーボンの大型ディフューザー・アッパーグリル・エンジンフード・スポーツミラー、そしてポリカーネイドウィンドゥと、ライトウェイトのエリーゼはさらに軽量化された。インテリアはドライバーシートがワンオフのドライカーボン製バケットシートとステアリングに変更され、マシンコンディションを確認するためのデジタルメーターが追加された。シャシーは調整式ペンスキー製ダンパーユニットを採用、低められたライドハイトに合わせサスペンションジオメトリーも変更され、理想的なホイールアライメントを実現している。そしてオリジナルエンジンは下ろされ、スペシャリストのハンドメイドによって新規作製されたフルチューニングユニットがワンオフのチタン製エグゾーストシステムと合わせ搭載されている。このスペシャルエンジンは低速からレブリミットまでトルクの谷がなく力強い俊敏な加速を実現していて、初代BMW M3のレーシングユニットに近いフィーリングだった。刺激的なエグゾーストサウンドとアクセルレスポンスに優れるエンジン特性は、このスペシャルなライトウェイトマシンを操ることに至福のドライビングプレジャーを与えてくれる。ハンドリング特性は、高剛性シャシーとしなやかなロードホールディング力を発揮するサスペンションと理想的なジオメトリーによって、まるでフォーミュラカーのように繊細なステアリング応答性の高さと、ツーリングカーらしい粘り強いグリップ感をあわせ持っていた。ようは、とんでもない速さでコーナーを攻略することが可能で、アンダーステアやオーバーステアは無茶しない限り顔を出すことはなかった。そしてレーシングカーのように剛性感あるペダルタッチのブレーキは、APロッキード製4PodブレーキキャリパーとPFC製ブレーキパッド&フローティングディスクが採用されていた。ロータスエリーゼというスポーツカーをメーカーが設計した際に、コスト等の問題で市販化されるときに妥協し性能ダウンしてしまった箇所を、設計者の意図通りに修正して、さらにブラッシュアップする手法で完成したこのスペシャルなエリーゼは、素晴らしいスポーツカーコレクションを新車時から現在まですべて所有し走らせている、いわば高次元でスポーツカーの美点を理解しているオーナーでなければ、ここまで高次元に仕立て上げることはできなかっただろう。時間が許すなら一日中ワインディングロードを走っていたいと思わせられた、超極上なスペシャルエリーゼだった。

Lotus Elise R Special. This Lotus Elise R is tailored by the owner who owns many super sports cars such as McLaren F1, La Ferrari, McLaren P1, Carrera GT, and also enjoys circuit driving with Ferrari F1 and Porsche cup car etc.
Everything that can be modified has been modified to improve its performance. The exterior is a lightweight Lotus Elise with original design lightweight aluminum wheels, large dry carbon rear diffuser, engine hood, sports mirror, acrylic window, etc. while maintaining the original appearance.
In the interior, the driver seats have been changed to one-off dry carbon bucket seats and steering, and meters have been added to check the mechanical condition.
The chassis uses an adjustable Penske damper unit and is replaced with a suspension arm that matches the lowered ride height, achieving ideal alignment settings.
The original engine of the power unit has been lowered, and the 2L full tuning unit newly manufactured by the specialists is installed together with the one-off titanium exhaust system.
This power unit has powerful and powerful agile acceleration performance with no torque valley from low speed range to rev limit over 9500 rpm, and it feels close to that of the racing unit of the first BMW M3.
Exciting exhaust sound and excellent accelerator response engine characteristics gives you the blissful driving pleasure of manipulating this special lightweight machine.
Handling is the benefit of wheel alignment, which is ideal for suspensions that demonstrate a highly rigid chassis and supple road holding power, and realizes handling that combines good steering response like a formula car with tenacious high grip like a touring car.
Not only was it possible to capture the corners at a ridiculous speed, but understeer and oversteer didn’t show up unless it was overdriven.
And for the pedal touch and rigid brake like a racing car, AP Racing’s caliper and special brake pad & floating disc brake were adopted.
When a manufacturer designed a sports car called Lotus Elise, a special Lotus completed by a method of correcting the part where the performance was down due to cost problems and compromising before it was put on the market as designed and full tuned.
This particular Elise was completed at a high level because it was matured from the perspective of an owner who knows all the beauty of sports cars, who still owns and runs a wonderful collection of new cars.
It was a really special Elise that made me want to run the winding road all day if there were no time limitations.

Questo Lotus Elise R è un esempio di auto “tailor made” richiesto dal proprietario che possiede molte auto sportive super sportive come McLaren F1, La Ferrari, McLaren P1, Carrera GT, e che ama pilotare su circuito la sua Ferrari F1 e Porsche Cup, ecc.

Tutto ciò che può essere modificato è stato modificato per migliorare le sue prestazioni.

L’esterno è una Elise Lotus Elise alleggerita, con design originale in lega di alluminio leggero, cappuccio motore, specchio sportivo, finestra acrilica, ecc. Pur mantenendo l’aspetto originale. Nell’interno, i sedili del conducente sono stati modificati in sedili a guscio in carbonio ed alcuni strumenti sono stati aggiunti per controllare la condizione meccanica.

Lo chassis utilizza un’unità di ammortizzatore Penske regolabile ed è sostituito con un braccio di sospensione che corrisponde all’altezza della guida abbassata, ottenendo le impostazioni di allineamento ideali.

Il motore originale dell’unità di alimentazione è stato abbassato e l’unità di sintonizzazione completa 2L prodotta nuovamente da parte degli specialisti è installata insieme al sistema di scarico in titanio one-off.

Questa unità determina potenti prestazioni di accelerazione agile e potenti senza vuoti di coppia dalla portata a bassa velocità al limite del contagiri superiore a 9500 giri / min ed è molto simile al motore da corsa delle prime BMW M3.

Eccitante suono di scarico e eccellenti caratteristiche del motore di risposta dell’acceleratore ti danno il beato piacere di guida e facile gestione di questa speciale macchina leggera.

La gestione è il vantaggio dell’allineamento della ruota, che è l’ideale per le sospensioni che dimostrano un telaio altamente rigido e un potenza della tenuta stradale elastico e realizza la movimentazione che combina una buona risposta dello sterzo come una macchina di formula con un’impugnatura tenace come una macchina da turismo.

Non solo è stato possibile catturare gli angoli a una velocità elevata, ma il sottosterzo e il sovrasterzo non si sono mai presentati.

E per il touch pedale e il freno rigido come un’auto da corsa, sono stati adottati la calibro di AP Rocky e il blocco dei freni speciali e il freno a disco flottante.

Quando il produttore ha progettato un’auto sportiva chiamata Lotus Elise, questa er un’auto speciale trovando un eccellente compromesso tra auto leggera e performante: la filosofia che da sempre accompagna il marchio Lotus.

Questo particolare Elise è stata realizzata ad un livello elevato perché è stato il frutto dalla prospettiva di un proprietario che conosce tutta la bellezza delle auto sportive, che possiede ancora e gestisce una meravigliosa collezione di nuove auto. È stato un giorno veramente speciale che mi ha fatto desiderare di correre su di una strada tortuosa tutto il giorno , come se non ci fossero limitazioni di tempo.

PRICE : POA

この車両について問い合わせる

見積もり依頼

お名前、ご連絡先を入力ください。
ここに記載されている情報は、お見積もりの回答にのみ使用されます。