Maserati Ghibli Cup

1995年マセラッティ社はギブリをレース用に仕立てたカップカーによるワンメイクレースを企画しました。その派生モデルとして公道を走ることができるギブリカップを造りました。ロードカーのギブリが採用するZF社製5速MTからゲトラグ製6速MTが搭載されてパワーアップされたエンジンに見合うクロスレシオしたギアボックスが採用されました。マルチェロガンディーニによる美しく堅骨そうなデザインはコンパクトなサイズのギブリをエキゾチックで迫力あるスタイリングで魅了してくれます。17インチのスピードラインはギブリカップのための専用デザインでした。2Lという小さな排気量から355hpものパワーを絞り出しているとは思えないくらい街中をスムーズに走らせることができます。少し重めのクラッチがこの車が普通ではないことを教えてくれます。ステアリングは若干遠めですが、この車で忙しくステアリングを操作するようなことは少ないと思いますので、優雅なコノリーレザーの素晴らしい座り心地を堪能しながらレスポンスフルなエンジン特性をクロスレシオのマニュアルトランスミッションを操作する楽しさはギブリカップにしか味わえないドライビングプレジャーだと思います。

Maserati Ghibli Cup
ボディー:4223mm × 1775mm × 1300mm
ホイールベース :2300mm
車重:1360kg
エンジン:水冷V型6気筒DOHCツインターボ
総排気量:1996cc
ミッション:6速M/T
最高出力:355HP / 6800rpm
最大トルク:28.0kg-m / 4000rpm
タイヤサイズ :215/40R17 245/40R17

 

 


ページトップに戻る