Dino 246gt

2014-05-19 / author : lmpcars

img_2810

Dino 246gt のご紹介です。1971年に生産されたTipo-Eでヨーロッパ仕様になります。大きなレストアを経験していませんが良いコンディションを保たれており、オリジナル度の高さも歴代オーナー様が大切にされてきたことがわかります。シルバーカラーはDino246gtのきれいなボディーラインをさらに美しく見せてくれます。インテリアはブラックで、こちらもオリジナルを保っています。レーシングカーのような低い座面のシートは適度なホールド感が心地よく、ストリートからワインディングまでスポーツを楽しめます。パワーユニットは195ps/7,600rpmと高回転まで吹け上がるタイプで、ライトウェイトさを生かし高いコーナーリングスピードを保った走りが堪能できます。しなやかに動くサスペンションは適度なロールを伴いますが、低いシートポジションとノンパワーのステアリングから得られるインフォメーションからタイヤのスライドコントロールをアクセルとステアリングで容易にコントロールできるため、走らせても存分にドライビングを楽しめる数少ないバランスのいいクラシックスポーツカーの一台です。ただいま青山ショールームに展示中です♪ LMP CARS CALL 03-5772-2788

img_2788

img_28131

img_2774

img_28391

img_2854

Dino 246 GT

2013-01-18 / author : lmpcars

img_7604

Dino 246 GT 官能的なスポーツカーであるDinoは70年代最高傑作の一台と言えると思います。流れるようなボディラインは60年代フェラーリのGTコンペティションマシンを彷彿させます。65° V6DOHCエンジンは2,418ccから195ps/7,600rpmの最高出力でライトウェイトなボディを軽々と加速させます。そしてこのクルマのステアリングフィールは繊細でありながら懐の深い限界域でのコントロール性の高さが売り。高速コーナーは現代のスポーツカーと同等のコーナーリングスピードを維持したままアクセルオンでクリアすることが可能です。足回りのジオメトリー設計の良さはコンペティションマシンからフィールドバックされているためでしょう。独特なドライビングポジションに少し慣れは必要ですが、コンパクトで視界も良好なため日常での取り回しはとてもイージーな一台です。コンディションによっていろいろな個体がございますが、完璧と言っても過言ではない一台をご紹介できます。ご興味のございます方はお気軽にお問い合わせをお待ち申し上げております。LMP CARS CALL 03-5772-2788

1971y Dino 246 GT
Body design Pininfarina
65° V6DOHC 2,418cc 190ps/7,600rpm
L 4240 / W 1700 / H 1140 1,080kg
Wheelbase 2,340mm

img_7582

Ferrari Dino 246 GT

2010-12-11 / author : lmpcars

img_2014

Ferrari Dino 246 GT のご紹介です。オリジナリティを保ちながら、Ferrari 愛好家の手によりベストなコンディションを維持されてきました数少ないグッドコンディションの1台です。美しいスタイリングは見事で、機関関係も絶好調にメンテナンスされています。気軽に街中を流せるほど乗りやすいのはやはり軽さとサイズならではですね。シートポジションは低く寝ていてレーシングカーのポジションのようですが、室内はコンパクトでありながら窮屈さを感じさせないデザインの素晴らしさは見事で、フロントガラスを通して常に視界に入っている両フェンダーのふくらみがDINOを操っている喜びを倍増させてくれます。2418ccのV6DOHCユニットは快調なレスポンスでFerraiらしい高回転域のエグゾーストサウンドが味わえ、1100kgそこそこしかない車重はノンパワーのステアリングでも楽々ドライブが可能です。スニーカーのような軽快感はDINOならではですね♪
LMP CARS CALL 03-5772-2788

1971y Ferrari Dino 246 GT
195 PS / 7,600 rpm  最高速度245km/h 0-400km/h 15.4秒 
全長×全幅×全高 4290mm×1700mm×1140mm  車重1080kg

img_1986

img_2077

img_2136

img_2098

img_2155

img_2209

img_2215

img_2028