Porsche 911 R Brandnermodel 2017

2017-02-23 / author : lmpcars

11-1

Porsche 911 R 幻の名車と言っても過言ではない伝説の”911R”をモチーフに昨年世界限定991台が発表されると同時に完売したTYPE-991の『911R』。新生911Rは競技専用モデルではなく、ロードカーとして誕生しました。当然911Rと名乗るにはそれなりの徹底した軽量化と専用エンジンとシャシー、エアロダイナミクスを考慮したスペシャルマシンとして仕上がっています。そしてギアボックスにはマニュアルトランスミッションを採用しました。これは、サーキットなどのクローズドコースではなく、ヒルクライムなどの公道を走ることを意識し、速さだけではなく、むしろ操る楽しさこそ最重要視しているということがわかります。デザインとボディーは991GT3から911R専用デザインのリヤウィングとF/Rバンパーが装着されています。新しい911 Rのリアには4Lの水平対向6気筒自然吸気エンジンが搭載され、レブリミットは8,500rpmに設定、最高出力は368kW(500PS)最大トルクは460N・m/6,250rpm。優れたパワーウエイトレシオによって911 Rは、2.7kg/PS*という驚異的な数値を達成しています。 *メーカー発表に基づく参考値。専用ショートシフトストロークの6速GTスポーツマニュアルトランスミッションを介した実力は、3.8秒の0?100km/h加速タイムを実現し、6速ギアで最高速度は323km/hに達するそうです。これはポルシェの伝統的な手法による軽量化が性能に大きく貢献しています。新しい911 Rの徹底したダイエット内容は、フロントフード・フェンダーにカーボンファイバー強化プラスチック、ルーフにはマグネシウム、そしてリアサイドウインドウにはポリカーボネートを使用。リアシートは取り外され、オートマチックトランスミッションの代わりに搭載されたマニュアルトランスミッションがさらなる軽量化を実現。ドアオープナーループを採用するとともに、遮音材を減らしたドアパネル、オプションで軽量なリチウムイオンバッテリーも用意されています。この結果、車両重量はわずか1,370kg*に抑えることに成功しています。 *メーカー発表に基づく参考値。まさに走る楽しさを徹底追及したかのような新生911Rは現在とてもプレミアムカーとして世界中のコレクターから大注目されています。伝説の初代911Rもそうでしたが、こうした需要と供給のバランスを考慮しますと仕方がないのかもしれません。いずれにせよ、いまここにご紹介することができることはオーナーとなられる方のカーライフをより豊かに変えてくれる一生モノの一台になることと確信しています。ご興味のある方はお問い合わせください。
LMP CARS CALL 03-5772-2788

a01-1

017_porsche-911r

Category : News, Porsche
Tag : , , ,

Porsche 962C last production

2016-07-07 / author : lmpcars

962c-1

Porsche 962C グループCカー時代の王者である962Cのlast production(画像と現車は異なります)ノンレストアでパーフェクトコンディションを保っている奇跡のような個体をご案内させていただきます。名門チームの複数台所有されフルオリジナルコンディションで完璧な保管状態とメンテナンスにより素晴らしいコンディションを保たれています。この個体との巡り会いはまさに偶然でしたがプロフェッショナルレーシングチームオーナーが維持管理をしていることは素性を考えれば当然と言えます。かつて1980年代のWEC世界耐久選手権を制覇し伝説のリザルトを残した962Cは、いまも輝きとオーラは現役当時と変わらぬ魅力があると思います。今週末に開催されるル・マンクラシックでもグループCカーによるレースが行われますが47台出走車両の中で962Cは12台エントリーされています。現在でも相当なポテンシャルで走行可能なフループCカーの中でも962Cは所有する方の満足度がとても高いコレクションの一台だと思います。LMP CARS CALL 03-5772-2788

962c-3

le-mans-classic-4

le-mans-classic-51

Porsche 962C

2016-07-05 / author : lmpcars

img_8222

Porsche 962C プライベートオーナー所有の962Cでレストアが完了しています。値段が合えば売却しても良いとのことでした。エンジンはすぐに始動できる状態にメンテナンスされています。サーキットを走行するためには各部メンテナンスを行いタイヤ交換すれば問題なく走行することが可能です。広告に掲載されていないプライベートコレクションが多数あります。特殊なレーシングカーなどお探しの方はお気軽にお問い合わせください。LMP CARS CALL 03-5772-2788

img_8162

img_8183